レインボーシックスシージ 画像で攻略

レインボーシックスシージの攻略です。 強ポジ、ヴァルカメ、マップ、リスキル、補強の仕方、攻め方、守り方、など様々なことを画像を使って分かりやすく解説しています。 初心者から中級者くらいまでは使用できると思います。

カテゴリ: その他

攻撃側の突き上げは2種類あります。

1つは敵がいるポジションの真下にちょうど天井で爆破するようにギリギリでフラグを投げたり、ゾフィアやアッシュで天井を破壊する方法です。

スポンサードリンク



もう1つはバックのマスターキーで突き上げします。

まずバックの突き上げには基本的にカヴァーが必要です。
建物の中に入り上を見るので敵が来た時に一人で対応するのは難しいです。
なので、突き上げしてくれそうなときはカヴァーを入れてあげましょう。
また、突き上げしているときにドローンを回して赤ピンをたててあげると非常に突き上げの精度が上がります。
最近はライオンが出たのでライオンの能力を使いながらの突き上げが非常に強力です。

スポンサードリンク



バックを使い突き上げをしたいという人はマップの構造をしっかりと把握しましょう。
テキトーに開けまくっていると上から撃ち下ろされたりしてしまいます。

強ポジや敵がよくいるポジを理解して突き上げましょう。

山荘を例に出すと
ここは強ポジで敵がよくいたり入られるとやっかいなポジションですがここは外からもつぶすことが出きます。(下の画像2枚)
レインボーシックス シージ_20180409230309
レインボーシックス シージ_20180409230325
レインボーシックス シージ_20180409230328



スポンサードリンク


このように安全に突き上げたりもできます。
またデフューザーを設置してその真下から守るということもできます。
これはバックでなくともスレッジで設置した床を叩き下から覗くことでもできます。
レインボーシックス シージ_20180409230636

バックは非常に楽しいオペレーターで武器自体も非常に強いので是非使うことをオススメします。



このゲームではなぜかは説明できませんが、壁に近い方が弱いです。
簡単に言うと壁に寄って敵を待つと入ってくる敵の方が有利になってしまいます。
若干しか検証していないのですが一応参考程度にしてください。
これは階段で検証していますが普通のストレートはあまり差がないような気もしましたが壁にべったりくっ付いて覗くのはどちらにせよやめていた方がいいです。
 スポンサードリンク




1枚目では相手から自分は見えてません。
ここが見える見えないのギリギリのポイントでもう少し下に行くと敵からも自分が見えていますレインボーシックス シージ_20180409042457
IMG_0608

スポンサードリンク


これで相手も自分も見えています。レインボーシックス シージ_20180409042514
IMG_0609


スポンサードリンク


これが離れてから見ている場合です。
この場合だと相手から見える瞬間と自分から相手が見える瞬間はほぼ同時です。
レインボーシックス シージ_20180409042744
IMG_0610





現状全く感度についてわからないなどの場合は
Y軸25
X軸30
エイム感度35
辺りから調整するといいかもしれません。

感度を合わせる場合はしっかりと時間を取ってやりましょう。
また感度の数値を動かす場合は2~3程度にして細かく設定しましょう。

まず設定から明るさの上のところの設定をオフにします。
レインボーシックス シージ_20180406105609


テロハントのソロノーマルに行きます。
マップはどこでもいいですが自分は民家が弾薬箱が近いので民家を使って説明していきます。
マップの設定の仕方は「テロハントをしよう」という記事を読んでください。

桟橋が近いので桟橋でリスします。
レインボーシックス シージ_20180406105536

次にガレージを割って洗濯室周辺を確保します。
この弾薬箱を使い続けていきます。

レインボーシックス シージ_20180406105849

まずX軸を合わせていきます。
X軸を合わせるからと言ってX軸だけの感度をいじるのではなく、エイム感度の方もいじりながら合わせましょう。
外に出て柵の前に立ち、最初はテキトーなところに視点を置き、柵の木枠にエイムをつけるようにします。なるべく早くすることを意識した方がいいです。
で、木枠を狙って打ちます
レインボーシックス シージ_20180406105909
レインボーシックス シージ_20180406105914


そうするとおそらく弾痕が左右どっちかにぶれます。
何回かすると左右どっちに強く弾痕が付いてるかわかるでしょう。
左の弾痕が多い場合は感度が速すぎます。
右の弾痕が多い場合は感度が遅すぎます。
レインボーシックス シージ_20180406105930
レインボーシックス シージ_20180406105934

これで木枠にしっかりと突然エイムを付けても当てれるようにします。
初めてのFPSだともしかしたら相当遅くなってしまうかもしれないですが、X軸・Y軸・エイム感度が20切らなければ大丈夫だと思います。
あまりにも自分が遅すぎると思う場合は木枠当てれる練習をしましょう。


スポンサードリンク




次にY軸を合わせます。
この2つの窓をエイムしながら撃って合わせます。
X軸を合わせる場合も同じですが移動して距離を変えながらやりましょう。
Y軸はあってた方がいいですが合わせるのが面倒な場合はX軸に対して5程度下げときましょう。
たぶん何とかなります。
レインボーシックス シージ_20180406110325
レインボーシックス シージ_20180406110329
レインボーシックス シージ_20180406110349
レインボーシックス シージ_20180406110354



スポンサードリンク




で、だいたい自分に合った感度を見つけたら次は壁打ちで練習していきます。
この木枠でなくてもいいですが木枠や出入り口の枠をエイムしたままスライドさせて同じところを撃つ練習をします。
レインボーシックス シージ_20180406110017
レインボーシックス シージ_20180406110024
レインボーシックス シージ_20180406110029
レインボーシックス シージ_20180406110035



スポンサードリンク

これでいい感じになったと思ったらテロハントをやってエイムがよくなった確認していきます。
ある程度慣れてくると感度を多少高くしても大丈夫なようになるので遅すぎる場合は定期的に感度を見直しましょう。

また感度は聞いた話なのでなぜかよく分からないですですが
エイム感度に対してX軸感度は低い方がやりやすく、Y軸はX軸より低い方がいいらしいです。
つまりエイム感度>X軸>Y軸
というようにするのがいいらしいので参考にしてください。
レインボーシックス シージ_20180406110156



突き上げはなるべくした方がいいです。
理由としては、かなり低いリスクで敵を倒せる上にニトロを投げるだけでいいからです。
またニトロではなくSGで撃つ、普通に撃ちあげるなどでも倒せる場合があります。
焦らずに確実に倒せるタイミングを見計らいましょう。


基本的によくやられるのがパルスです。
心音センサーで追っかけて止まったところにニトロを投げるのが一般的です。
山荘だとこういうところを見ていると上の廊下を渡る敵などを倒せます。
レインボーシックス シージ_20180103100847
レインボーシックス シージ_20180103100851
レインボーシックス シージ_20180103100902

スポンサードリンク



またヴァルキリーカメラを利用しての突き上げも可能です。
バレないように突き上げたい室内にヴァルキリーカメラを設置してニトロを投げます。
位置がいまいちわからない場合はピンを立ててそこに投げましょう。
ヴァルカメの例です。

レインボーシックス シージ_20180103101104
レインボーシックス シージ_20180103101111

レインボーシックス シージ_20180103101036
レインボーシックス シージ_20180103101234

またヴァルキリーを利用して他の方法もあります。
最初から敵が入ってくる位置の真下にニトロを置きカメラで入ってきたのを確認した瞬間に爆破します。
場所がわからない場合は黄色ピンを付けて急いで上に上がったり、フレンドにピンを立て続けてもらったり、黄色ピンを立てて設置したヴァルカメで確認するなどしましょう。
画像は例です。

レインボーシックス シージ_20180103101410
レインボーシックス シージ_20180103101225

スポンサードリンク



1人ではできないですが、あらかじめ突き上げたいポジションにリージョンの針を投げてもらい、真裏にニトロを設置し踏んだことが分かった瞬間に爆破すると倒せます。
また踏んだところをSGなどで突き上げても倒せる可能性があります。
こういうところに置いてみるのもいいです。
レインボーシックス シージ_20180103101410
レインボーシックス シージ_20180103101423

スポンサードリンク  
このサイトでは、ヴァルキリーのカメラは主に外カメラを紹介してますが、中にカメラを設置することも重要です。
好みや状況によって、中にカメラを設置しましょう。
設置するコツは相手から見えにくくすることが非常に大切です。
また、ヴァルキリーを使っていない人はヴァルキリーのカメラでのスポットはやめましょう。
ヴァルキリーのカメラは見るためにあります。
バレて破壊され見えなくなってしまうと投げた意味がなくなります。
スポットしていい状況は、最後の敵がどこかわかってない、味方に教えてあげないと味方が死んでしまう
などの状況に限られます。
基本的にスポットはやめましょう。


中カメラはオブジェクトの中に隠します。
この画像も花瓶の中にカメラを忍ばせてますが外からは見えないですが、カメラでは外が映ります。
花瓶を1回叩くと中に入れられるようになるので便利です。

他にも時計などのオブジェクトを壊してその残骸にカメラを忍ばせるのも非常に有効です。
これもカメラを仕掛けてますが、外からは見えません。

ティッシュ箱も1回殴れば花瓶と同じようなことができます。





スポンサードリンク

↑このページのトップヘ